1. TOP
  2. CIDPマイライフ
  3. LIFE 生活する
  4. 生活:向き合い方
  5. 生活:向き合い方:できないことを悔しがる時期は過ぎました。思いつくことを全部やってみて、付き合っていくしかない - CIDPマイライフ 患者さん・ご家族の方向けサイト

※紹介した症例は患者さん個人の発言に基づく臨床症例の一部を紹介したもので、
全ての症例が同様な結果を示すわけではありません。

生 活

向き合い方

できないことを悔しがる時期は過ぎました。
思いつくことを全部やってみて、付き合っていくしかない

(40代女性/CIDP歴:初発症状から3~4年、診断から1年弱:MADSAM型

インタビュー内容テキスト何かができなくなったことが悔しい、泣けてくる、という時期は過ぎました。本当は、左手が元通りに動くようになることが理想ですが、それは無理だと先生に言われているので、今はとにかく悪化しないでほしいという思いです。今後はできる限りの治療を受けながら、この病気と付き合っていくしかないと思っています。
*MADSAM(multifocal acquired demyelinating sensory and motor):多巣性感覚運動型。非典型的CIDPの亜型のひとつで、左右非対称性が目立つ病型

他の患者の声も見る