• エイフスチラについて
  • 溶解操作/投与(注射)方法

あなたは、CSLベーリングの医薬品を使用されている、あるいは使用される予定の患者さん、またはそのご家族の方ですか?

溶解操作/投与(注射)方法

エイフスチラマニュアル〜溶解操作編〜 スリートック版

スリートック版
エイフスチラの溶解操作解説ムービー

監修:東京医科大学 臨床検査医学分野 教授 天野景裕 先生

エイフスチラマニュアル
~溶解操作編~ スリートック版

用意するもの

  • 薬剤バイアルと溶解液バイアルは、室温に戻しておきます。
  • 国際単位数、使用期限と外観に異常がないかを確認します。

すべて未開封のものを用意します。

薬剤バイアル
薬剤バイアル画像:国際単位数、使用期限は裏側
溶解液バイアル
溶解液バイアル画像:国際単位数は裏側

スリートック通気孔タイプ

画像:スリートック通気孔タイプ

青色側 : 溶解液バイアルに穿刺する部分

透明側 : 薬剤バイアルに穿刺する部分

(包装されている状態)

注意

以下の場合は使用しないでください。

  • 使用期限が切れているもの
  • 25℃を超えて保存したもの
  • 外観に異常のあるもの(変色、濁り、容器の破損)
画像:1.滅菌済み翼状針 2.アルコール綿 3.空の滅菌済み注射器 4.廃棄用ポリ袋
1滅菌済み翼状針2アルコール綿3空の滅菌済み注射器4廃棄用ポリ袋

※使用する注射器の大きさは、投与量によって異なります。

エイフスチラの溶解操作

溶解操作の前に必ず行ってください

  1. ①作業する場所を確保し、
    清潔にします。

50センチ四方以上の広さがあり、
明るく平らな場所を確保します。

  1. ②手を石けんで
    しっかり洗います。

指と指の間や爪の周囲、手の甲もしっかり洗います。

  1. 1薬剤バイアルと溶解液バイアルのキャップを外し、
    ゴム栓をアルコール綿で拭きます。
注意
  • ゴム栓をアルコール綿で拭いたあとは、さわらないでください。
画像:溶解液バイアル
  1. 2スリートックのふたのみをはがします。
    この時、機器を取り出さず、接続部分にも触れないでください。
画像:スリートックのふたのみをはがします
  1. 3キャップが青色の溶解液バイアルを手元に用意します。スリートックを包装容器ごと持ち、青色の穿刺部を溶解液バイアルのゴム栓の中心にまっすぐ下向きに刺し込みます(α)。
画像:スリートック、溶解液バイアル

包装容器のみをスリートックから慎重に外します(b)。

画像:包装容器のみをスリートックから慎重に外します
画像:間違えた!?そんな場合は?
  • スリートックを薬剤バイアルに刺す前に、スリートックのシールをはがしてしまった場合はコチラ
  • スリートックを溶解液バイアルより先に薬剤バイアルに刺してしまった場合はコチラ
  1. 4溶解液バイアルを逆さまにし、バイアル全体をしっかりと握り、スリートックの透明な穿刺部を、薬剤バイアルのゴム栓の中心にまっすぐ下向きに、一気に刺し込みます。
注意
  • スリートックの穿刺部が、バイアルのゴム栓に斜めに刺さらないように、まっすぐ刺してください。
画像:スリートックの穿刺部が、バイアルのゴム栓に斜めに刺さらないように、まっすぐ指してください
  • 水平な台の上で操作をおこなってください。
画像:水平な台の上で操作をおこなってください
画像:【溶解のコツ】一気に刺し込んでください。
  1. 5薬剤バイアルをゆるやかに、小さく円を描くように回し(激しく回さない)、完全に薬剤を溶かします。
    この時、薬液の色は無色~わずかに乳白色に変わります。
画像:薬剤バイアルをゆるやかに、小さく円を描くように回し(激しく回さない)、完全に薬剤を溶かします
  1. 6スリートック側面のシールをはがします。
画像:スリートック側面のシールをはがします
  1. 7スリートックの青色側の部分を反時計回りに回して2つに分けます。
画像:スリートックの青色側の部分を反時計回りに回して2つに分けます
  1. 8注射器に空気が入っていないことを確認し、薬剤バイアルが直立した状態で注射器をスリートックのルアーロック部に時計回りに回しながら取りつけます。
    注射器はルアーロック部にしっかりねじ込みますが、必要以上に回しすぎないようにしましょう。
    注射器のプランジャーロッドを押して、薬剤バイアルの中に空気を注入します。
ルアーロック部:ねじ込み式の接続部分画像
  1. 9薬剤バイアルを上にして、接続したシリンジのプランジャーロッドをゆっくり引き、薬液を注射器の中に移行します(α)。ゴム栓には広い溝と狭い溝があります(b)。ゴム栓の広い溝が下になるように傾けると薬液をしっかりと注射器の中に移行できます。
注意
  • 薬液を注射器に移行した後は、薬剤が泡立つためプランジャーロッドを押して薬液をバイアルに戻さないでください。
画像:ゴム栓の広い溝
  1. 10薬液を注射器の中に移行し終えたら、注射器を下にしたまま、スリートックを反時計回りに回して注射器から外します。
注意
  • 注射器の先端をさわらないでください。
画像:薬液を注射器の中に移行し終えたら、注射器を下にしたまま、スリートックを反時計回りに回して注射器から外します
  1. 11翼状針の接続部分が袋の切り口近くにくるように翼状針の袋を開け(α)、薬液を移行した注射器を翼状針の接続部分に差し込み、注射器を時計回りに回して取り付けます(b)。
注意
  • 翼状針の接続部分をさわらないでください。
画像:翼状針の接続部分が袋の切り口近くにくるように翼状針の袋を開け(α)、薬液を移行した注射器を翼状針の接続部分に差し込み、注射器を時計回りに回して取り付けます(b)
  1. 12注射器のプランジャーロッドを少し押して、薬液を針先まで満たします。
    溶解したエイフスチラは25℃以下で保存し、4時間以内に使ってください。4時間を過ぎたものは使わないでください。
画像:注射器のプランジャーロッドを少し押して、薬液を針先まで満たします

※複数の薬剤バイアルを使用する場合は、下記を参照してください。

注意
  • 溶解操作や手技に関して、疑問や不明な点がある場合は、医師または看護師に相談してください。

エイフスチラ溶解後の薬液の色に関する注意

エイフスチラは、溶解前は白色~微黄色の製剤です。
エイフスチラを添付の溶解液で溶解すると、無色透明~わずかに乳白色の液剤となります。

画像:エイフスチラ溶解後の薬液

複数の薬剤バイアルを使用する場合

  1. A17の操作に従い、必要な本数の薬剤バイアルを用意します。
    毎回新しいスリートックを使います。
画像:薬剤バイアル
  1. B812の操作に従い、1本目の薬剤バイアルから薬液を注射器の中に移行します。移行したら、スリートックを注射器から外します。
画像:外す時は反時計回り
  1. C注射器を上に向けたまま、2本目のバイアルを取り付けます。
画像:注射器を上に向けたまま、2本目のバイアルを取り付けます
  1. Dプランジャーロッドをゆっくりと引いて薬液を注射器の中に移行します。移行したら、スリートックを注射器から外します。
画像:プランジャーロッドをゆっくりと引いて薬液を注射器の中に移行します。移行したら、スリートックを注射器から外します
注意
  • 3本以上必要な場合は、CDの操作を繰り返します。
画像:プランジャーロッドをゆっくりと引いて薬液を注射器の中に移行します。移行したら、スリートックを注射器から外します
  1. E注射器を翼状針の接続部分に差し込み、プランジャーロッドを少し押して、薬液を針先まで満たします。
画像:注射器を翼状針の接続部分に差し込み、プランジャーロッドを少し押して、薬液を針先まで満たします

監修:東京医科大学 臨床検査医学分野 教授 天野景裕 先生

エイフスチラマニュアル〜投与(注射)方法編〜

エイフスチラの投与(注射)方法ムービー

監修:東京医科大学 臨床検査医学分野 教授 天野景裕 先生

エイフスチラマニュアル
~投与(注射)方法編~

溶解操作の前に必ず行ってください

  1. ①作業する場所を確保し、
    清潔にします。

50センチ四方以上の広さがあり、明るく平らな場所を確保します。

  1. ②手を石けんで
    しっかり洗います。

指と指の間や爪の周囲、手の甲もしっかり洗います。

用意するもの

  • 溶解操作済みの薬液が入った注射器 (翼状針付き)

エイフスチラは、「エイフスチラマニュアル~溶解操作編~」に従い、添付の溶解液で溶解した後、注射器に移し、翼状針を取り付けます。

画像:「エイフスチラマニュアル~溶解操作編~」に従い、添付の溶解液で溶解した後、注射器に移し、翼状針を取り付けます
注意
  • 溶解したエイフスチラは、25℃以下で保存し、
    4時間以内に使用してください。
    4時間を過ぎたものは使用しないでください。
画像:1.駆血帯 2.絆創膏 3.アルコール綿 4.秒針付き時計 5.廃棄用ポリ袋 6.翼状針固定用テープ 7.投与記録表
1駆血帯2絆創膏3アルコール綿4秒針付き時計
5廃棄用ポリ袋6翼状針固定用テープ7投与記録表

※必要に応じてタオルを準備します。
(手やひじをタオルにのせることで、注射しやすくなる場合もあります。)

  1. 1駆血帯をしめる

通常、手の甲、またはひじの内側の血管に注射します。注射部位よりも10cmほど心臓寄りの部位に駆血帯を巻き付け、しめます。

手の甲の場合
画像:手の甲の場合
ひじの内側の場合
画像:ひじの内側の場合
注意
  • 駆血帯は強くしめすぎないでください。
  1. 2注射部位を消毒する

血管が浮き出てくるので、注射部位の皮膚をアルコール綿で拭いて消毒します。

手の甲の場合
画像:手の甲の場合
ひじの内側の場合
画像:ひじの内側の場合
  1. 3翼状針を持つ

翼状針の針穴が上にくるようにして、翼のざらざらした面が外側にくるように持ち、針のキャップを外します。

正しい翼状針の持ち方
画像:正しい翼状針の持ち方
注意
  • 針先にはさわらないでください。
  • 注射器は転がらないようにタオルの上におきます。
  1. 4血管に針を刺す

血管の走っている向きに合わせ約20°の角度で針を刺します。
血管に入ったら、針を少し倒してさらに進めます。

血管への針の刺し方
画像:血管への針の刺し方
手の甲の場合
画像:手の甲の場合 約20°
ひじの内側の場合
画像:ひじの内側の場合 約20°
  1. 5血液の逆流を確認する

血管に針が入っていれば、注射器のプランジャーロッドを少し引くと血液が逆流してきます。

逆流が確認できないとき
「こんなとき、
どうする!?」参照

血液の逆流の確認
画像:血液の逆流の確認
注意
  • 血液の逆流は、翼状針のチューブ内へ少量にとどめ、注射器の中まで逆流させないでください。
    注射器の中まで逆流すると、エイフスチラの薬理作用によって血液中の成分が固まるおそれがあります。
  1. 6駆血帯を外す

駆血帯を外します。

手の甲の場合
画像:手の甲の場合
ひじの内側の場合
画像:ひじの内側の場合
注意
  • 薬液を注入する前に、駆血帯が外れていることを確認してください。
  1. 7薬液を注入する

注射器を持ち、ゆっくりと薬液を注入します。
投与速度は、医師と相談して決めた速度を守りましょう。

注意
  • 注入に抵抗を感じたり、痛みや腫れがある場合は、ただちに投与を中止し、針を抜いてください。
画像:注入に抵抗を感じたり、痛みや腫れがある場合は、ただちに投与を中止し、針を抜いてください

抵抗を感じたり、痛みや腫れがある場合「こんなとき、どうする!?」参照

  1. 8投与終了後、針を抜く

薬液をすべて注入したら、注射器を台の上に置きます。
アルコール綿を針の上にのせ、針を抜きます。

画像:薬液をすべて注入したら、注射器を台の上に置きます。アルコール綿を針の上にのせ、針を抜きます
  1. 9止血する

完全に止血するまで(3〜5分)、アルコール綿で注射部位を押さえたままにします。
止血を確認し、絆創膏を貼ります。

画像:完全に止血するまで(3〜5分)、アルコール綿で注射部位を押さえたままにします。止血を確認し、絆創膏を貼ります。
注意
  • 注射器や針の片付けは、完全に止血してから行ってください。
  • 使用済みの針はしっかりカバーをします。
  • 翼をもって、カバーをかぶせます。
画像:薬液をすべて注入したら、注射器を台の上に置きます。アルコール綿を針の上にのせ、針を抜きます
  1. 10投与の記録を書く

投与日時、使用した薬剤のロット番号、投与量、注射部位等、必要事項を投与記録表に記録します。

こんなときどうする!?

画像:1

針を刺しているのに、
血液の逆流が確認できない

画像:対処方法A
  • 針が血管内にきちんと入っていない可能性があります。
画像:2

薬液の注入に
抵抗を感じる

画像:対処方法A 解決しないときは対処方法B
  • 血管内に入った針が押し出され、血管の外に出てしまった、
    または血液がかたまって針が詰まってしまった可能性があります。
画像:3

投与中に、注射部位が痛む、
または腫れてきた

画像:対処方法C
  • 薬液が血管の外に漏れている可能性があります。
対処方法
  1. A皮膚から針を抜かずに、
    針先の角度をやや深くします。
    針の角度を最初のときよりもやや深くし、逆流を確認できたら、針を倒してさらに進めます。
画像:針の角度を最初のときよりもやや深く
  1. B一度針を抜き、止血します。
    注射器のプランジャーロッドを少し押し、針先から薬液がスムーズに出るかを確認します。
画像:一度針を抜き、止血します。注射器のプランジャーロッドを少し押し、針先から薬液がスムーズに出るかを確認します
  1. C針を刺している部位が腫れてきた場合

①ただちに投与を中止し、針を抜きます。腫れてきた部位は内出血している可能性があるので、アルコール綿で押さえて止血します。

②完全に止血したのち、別の血管、あるいは止血した部位よりも心臓寄りの部位(の部位)にもう一度針を刺します。

画像:●の部位

気分が悪くなるなどのトラブルが生じた場合、不明点がある場合は、
ただちに医師または看護師に相談してください。

監修:東京医科大学 臨床検査医学分野 教授 天野景裕 先生