エイフスチラをお使いの患者さんへ

Menu

あなたは、CSLベーリングの医薬品を使用されている、あるいは使用される予定の患者さん、またはそのご家族の方ですか?

エイフスチラとは

エイフスチラとは
どのような薬ですか?

エイフスチラは、血友病Aの治療に使われる
遺伝子組換え血液凝固第VIIIはち因子製剤(注射剤)です。

エイフスチラは作用時間を延長するために開発された半減期延長型の「遺伝子組換え単鎖血液凝固第VIIIはち因子製剤」です。
血友病A患者さんの不足または欠乏している血液凝固第VIIIはち因子を補うことで、出血傾向を抑制します。

エイフスチラの特徴

単鎖血液凝固第VIIIはち因子製剤
エイフスチラは単鎖(1本の鎖状)構造の遺伝子組換え血液凝固第VIIIはち因子製剤です。単鎖構造にすることで特定のタンパクとの結びつきが強くなり、より分解されにくくなるため、血液中に長くとどまることができます。
遺伝子組換え製剤
エイフスチラでは、遺伝子組換え技術を用いて、単鎖型の血液凝固第VIIIはち因子を産生しています。なお、ヒトや動物由来の成分を添加せずに、精製・製剤化しています。

単鎖血液凝固第VIIIはち因子製剤
とは何ですか?

血液凝固第VIIIはち因子を単鎖構造にすることで、
血液中に長くとどまることができるように
開発された製剤です。

血液凝固第VIIIはち因子は「長い鎖」と「短い鎖」からなる2本の鎖で出来ています。
「長い鎖」は、細胞から作り出される過程で、いろいろな長さのものが出来てしまいます。
単鎖血液凝固第VIIIはち因子製剤(エイフスチラ)は、血液凝固第VIIIはち因子を遺伝子組換えによって、凝固に必要な部分にしぼって「長い鎖」を短くし、さらに2本の鎖をくっつけて、1本の鎖(単鎖構造)にした製剤です。短くすること、さらに単鎖構造にすることで、より安定した構造となります。
また、血液凝固第VIIIはち因子を酵素分解から守る、フォン・ヴィレブランド因子と呼ばれるタンパク質との結びつきも強く、血液中でも、より長くとどまることができます。

単鎖血液凝固第VIIIはち因子製剤(エイフスチラ)とは

単鎖血液凝固第VIII(はち)因子製剤(エイフスチラ)とは

今までの薬と
投与量は変わりますか?

エイフスチラの投与量や投与間隔に
ついては、医師の指示に従ってください。

出血を止めたり予防するためには、血液凝固第VIIIはち因子の活性を適正に保つ必要があります。血液凝固第VIIIはち因子製剤の投与によって、第VIIIはち因子活性がどの程度増えるのかは、薬剤の種類によっても、また、患者さん一人ひとりによっても差があります。
エイフスチラは定期的な投与の場合、週2回または週3回で投与でき、今までの薬からエイフスチラに変更することにより、 投与量や投与間隔が変わる可能性があります。

エイフスチラの投与方法に関する注意事項

  • エイフスチラの投与量や投与間隔は、患者さんの「血液凝固第VIIIはち因子活性レベル」や「出血部位や出血量」など、患者さんの状態に応じて医師が調節します。
  • エイフスチラの必要量を知るために、エイフスチラの注射前後に血液検査を行って、血液凝固第VIIIはち因子の活性を測定する場合があります。
  • エイフスチラをお使いになる際は、医師の指示を必ず守り、自分の判断で投与量や投与間隔を変更することはやめましょう。

エイフスチラの投与方法に関する注意事項