イデルビオンをお使いの患者さんへ

Menu

あなたは、CSLベーリングの医薬品を使用されている、あるいは使用される予定の患者さん、またはそのご家族の方ですか?

イデルビオンマニュアル ~溶解操作編~ スリートック版

イデルビオンの溶解操作

薬剤バイアルと溶解液バイアルのキャップを外し、ゴム栓をアルコール綿で拭きます。

溶解液バイアル

注意

  • ゴム栓をアルコール綿で拭いたあとは、さわらないでください。
  • 溶解液バイアルは手前に置きましょう。

スリートック®の包装容器のふたをはがします。

スリートックの包装容器のふたをはがします。

注意

  • 中に入っているスリートック®を包装容器から取り出さないでください。
  • スリートック®の接続部分をさわらないでください。

スリートック®を包装容器ごと持ち、青色側の穿刺部を、頭部が青色の溶解液バイアルのゴム栓の中心にまっすぐ下向きに刺し込みます(  a  )。
包装容器をスリートック®から慎重に外します(  b  )。

溶解液バイアル・スリートック

注意

  • スリートック®を薬剤バイアルに刺さないでください(  a  )。
  • 包装容器のみを取り外します。スリートックRを引き上げないでください(  b  )。
  • スリートック®側面のシールは操作6まではがさないでください。

溶解液バイアルを逆さまにし、バイアル全体をしっかりと握り、透明側の穿刺部を、 下に置いた薬剤バイアルのゴム栓の中心にまっすぐ下向きに一気に刺し込み、溶解液を薬剤バイアルの中に移行させます。

溶解液バイアル・薬剤バイアル

注意

  • 斜めに刺さないで、まっすぐゴム栓の中心に刺してください。
  • 水平な台の上に薬剤バイアルを置き、しっかりとバイアルを手で押さえながら刺してください。

そのまま台の上で、薬剤バイアルをゆるやかに、小さく円を描くように回し(激しく回さない)、完全に薬剤を溶かします。

薬剤バイアル

注意

  • 薬液の色は無色~黄色に変わります。

スリートック®側面のシールをはがします。

スリートック

スリートック®の青色側の部分を反時計回りに回して2つに分けます。

反時計回りに回して2つに分けます

注射器に空気が入っていないことを確認し、薬剤バイアルが直立した状態で、注射器も直立させ、スリートック®のルアーロックに時計回りに回しながら取り付けます。
※ルアーロック:ねじ込み式の接続方法

ルアーロック

注意

  • 注射器ロック部ねじを回す際、しっかり止まった所から必要以上に回しすぎないよう注意してください。

薬剤バイアルを上にして、プランジャーロッドをゆっくりと引き、薬液を注射器の中に移行します
 a  )。

プランジャーロッド

注意

  • 必ず薬剤バイアルを上にした後に、プランジャーロッドを引いてください。
  • ゴム栓には広い溝と狭い溝があります。ゴム栓の広い溝が下になるように傾けると(  b  )、薬液をしっかりと注射器の中に移行できます。
  • 薬液を注射器に移行した後は、プランジャーロッドを押さないでください。

薬液を注射器の中に移行したら、注射器を下にしたまま、スリートック®を反時計回りに回して注射器から外します。

スリートック

注意

  • 注射器の先端をさわらないでください。

翼状針の接続部分が袋の切り口近くにくるように翼状針の袋を開け(  a  )、薬液を移行した注射器を翼状針の接続部分に差し込み、注射器を時計回りに回して取り付けます(  b  )。

翼状針の接続部分

注意

  • 翼状針の接続部分をさわらないでください。

注射器のプランジャーロッドを少し押して、薬液を針先まで満たします。

注射器のプランジャーロッド

注意

  • 溶解後はただちに投与してください。すぐに投与しない場合は、25℃以下で保存し、4時間以内に使用してください。

「イデルビオンの溶解に関する注意」「複数の薬剤バイアルを使用する場合」はこちらを参照してください。

これで溶解操作は完了です。
投与(注射)方法については「イデルビオンマニュアル ~投与(注射)方法編~」をご覧ください。