CIDP患者さんと主治医の二人三脚ストーリー

イラスト

CIDPは治療期間が⻑くに及んだり、⼀度寛解しても再発することがある病気です。
その⻑い治療に⽋かせないのが、患者さんと主治医の信頼関係。

治療に前向きな患者さんが、ご⾃分の症状や変化、不安を率直に伝え、疾患と患者さんの特性や思いを熟知した主治医が、最適な治療を選択することで、状況に対応したスムーズで前向きな生活が実現できると思います。

どうかあなたも、信頼できる先生と手を携え、心を一つにして治療に取り組んでください。
その一歩一歩が、より自分らしい毎日に、より快適な明日につながってゆくはずです。

イラスト
Story1

自分の知識とか経験だけじゃなくて、目の前の患者さんの話をよく聞いてくれる先生……

Story2

患者さんをただ治療するだけじゃなく、その先を、未来を示すことも含まれるんじゃないか…

Story3

画一的な治療ではなくて、患者さんのライフスタイルに合わせて考えていくことが必要だと思います…