CIDPマイライフ

CIDPだからって、
私には私の人生がある。

CIDPの早期診断・早期治療のために監修:埼玉医科大学総合医療センター神経内科 教授 海田 賢一 先生

  • CIDPの症状は主に手足にあらわれますが、その出始め方や症状の強さには個人差があります。(≫症状は?)(≫CIDPの経過は?
  • CIDPと似た症状があらわれる別の病気も多く、その鑑別は脳神経内科の専門医が診ても難しい場合があります(≫もしかしたらCIDPかも…。どうやって診断するの?
  • 実際、CIDP患者さんが確定診断を受けるまで、45%以上の人が医療機関を3ヵ所以上受診していたこと、約半数の人が6ヵ月以上かかっていたことが報告されています(≫患者さん200人の実態
  • CIDPの場合、症状があるのに受診しないままでいたり、受診しても誤診されてしまうと、その間に病気が進行してしまう可能性があります。そのため、できるだけ早く診断を受けて、適切な治療を開始することが大切です。
すでに
治療を受けて
いる方は

『手や足に症状があって、
その治療を受けているけどよくならない』
そんな方はいませんか?
たとえば、、、

脳神経内科医からのアドバイス

手足に力が入らない、歩きにくい、しびれがあるといった症状を感じたCIDP患者さんは、最初に整形外科や一般内科を受診することが多いようです。

CIDPは神経の病気のため、脳神経内科などが専門で、
診断には脱髄の有無を調べる検査(手や足の末梢神経に
電気刺激を加えて伝導速度を測定する)が必要になりますので、
脳神経内科の医師に相談することをお勧めします。
CIDPの早期診断・早期治療のために、まずは気になる症状を
整理することから始めてみましょう。

CIDPと症状が似ている病気はたくさんあります。
鑑別診断のためには、まず、診察のときに
症状をできるだけ詳しく医師に伝えることが大切です。

医師は患者さんのこんな情報を求めている

CIDPは早期診断が大切。
チェックシートを使って、気になる症状を整理してみよう

受診までの
流れ

1

気になる症状を
チェック、入力

2

完成画面を印刷

3

印刷したシートを
受診時に持参

受診のときに役立つチェックシート

あてはまる症状がある方は、早めにかかりつけの医師や
脳神経内科の医師に相談してみてください。

このチェックシートは、医師に相談する際に、症状を的確に伝えるためのものであり、診断結果をあらわすものでは ありません。チェックの結果、問題や異常がなくても、不安や気になることがあれば必ず医療機関を受診してください。

監修:埼玉医科大学総合医療センター神経内科 教授 海田 賢一 先生

片側
だけ
左右
両方
症状が出
始めた順
(1,2,3)
症状が
強い順
(1,2,3)


力が入らない
物をつかみにくい
腕を上げにくい
しびれる
ちくちくした痛みを
感じる
熱さや冷たさを感じない
力が入らない
歩きにくい
転びやすい
しびれる
ちくちくした痛みを
感じる
熱さや冷たさを感じない
全身 疲れやすい
※印刷後、症状が出始めた部位に
〇をつけるのにご利用ください。

症状が出始めた年齢は

症状はだんだんと悪くなっていると感じる※該当する場合はチェックしてください。

家族(血縁者)に似た症状の人がいる※該当する場合はチェックしてください。

どんなときに、どの症状がひどくなりますか?(時間帯や動作など)

【しびれがある方へ】どんなしびれですか?

その他、先生に伝えたい症状