CIDPマイライフ

CIDPだからって、
私には私の人生がある。

  1. TOP
  2. LIFE 生活する
  3. 発見:異常の発見
  4. 発見:異常の発見:最初は左足親指の違和感。その後、3年間で膝のあたりまで徐々に感覚がなくなっていきました

※紹介した症例は患者さん個人の発言に基づく臨床症例の一部を紹介したもので、
全ての症例が同様な結果を示すわけではありません。

発 見

異常の発見

最初は左足親指の違和感。その後、3年間で膝のあたりまで
徐々に感覚がなくなっていきました

(60代男性/CIDP歴:初発症状から18年、診断から15年)

インタビュー内容テキスト18年前、左足の親指に何となく違和感があったので、整形外科に行っていろいろ調べてもらいました。しかし、そのときは原因が分からず、先生には「痛くなければいいじゃないですか」と言われて。当時は「運動不足なのかな」と思って、朝通勤するときに3km・2駅歩いたり、日曜日にはプールで運動したりしていました。でも、それから3年ほどの間に、足指→足首→ふくらはぎ→膝の辺りまで、上へ上へと徐々に感覚がないようになってきたのです。

他の患者の声も見る