1. TOP
  2. CIDPマイライフ
  3. LIFE 生活する
  4. 生活:家族や周囲の協力
  5. 生活:家族や周囲の協力:家族も友人・知人もみんな助けてくれました。病気になって人のありがたみをすごく感じました - CIDPマイライフ 患者さん・ご家族の方向けサイト

※紹介した症例は患者さん個人の発言に基づく臨床症例の一部を紹介したもので、
全ての症例が同様な結果を示すわけではありません。

生 活

家族や周囲の協力

家族も友人・知人もみんな助けてくれました。
病気になって人のありがたみをすごく感じました

(40代女性/CIDP歴:初発症状から3~4年、診断から1年弱:MADSAM型

インタビュー内容テキスト自分が特に何も言わないでいても、私が家の中で動いていると、結構主人がすぐに「やったろうか」と言ってくれます。洗濯も干しておいてくれたり。昔からそういうところがありましたが、よく声を掛けてくれるんです。買い物も一人で行こうとしていると、「ついてったるわ」とさりげなくいっしょに行ってくれたりもします。
病気になって、人のありがたみをすごく感じています。病気になる前は「私さえパパッとやっていればいい。一人でも生きていける」と思っていたのですが、今は「ああ、やっぱりみんな思ってくれているし、みんな助けてくれるんだな」と実感しています。
*MADSAM(multifocal acquired demyelinating sensory and motor):多巣性感覚運動型。非典型的CIDPの亜型のひとつで、左右非対称性が目立つ病型

他の患者の声も見る